診療科目 診療科目

  1. ホーム
  2. 診療科目
  3. 歯周病(歯槽膿漏)治療

歯周病(歯槽膿漏)治療

歯周病(歯槽膿漏)とは

歯周病は成人の80%が罹患している生活習慣病です。歯垢(プラーク)中の細菌が歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に入り、歯茎に炎症を引き起こし、さらには歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまう病気で、自然に治ることはありません。正しい歯周病の予防法や治療法を理解し、私たちと一緒に永くより健康な状態を保っていきましょう。

どうして歯周病(歯槽膿漏)になるのですか?

歯周病も虫歯と同じ感染症です。歯周病菌により引き起こされています。そして、その細菌を媒介するのがプラーク(歯垢)です。ですから歯の周りにこのプラークが付いていないこと、あるいは歯石がついていないことが歯周病を起こさないためには重要です。プラークは歯ブラシで落とすことが出来ますが、歯石は石のように硬く、また歯や根にしっかりとこびりついている為、歯ブラシでは落とすことができません。そのため、歯石を取るためには特殊な器具が必要です。プラーク(歯垢)や歯石をそのままにしておくと歯周病菌が増殖してしまいまます。そうならないためにも定期的に歯科医院でプラーク(歯垢)、歯石をとるようにしてください。
それ以外にも歯周病を起こす原因があります。それは「歯にかかる過大の力」「ストレス」「たばこ」「糖尿病」などです。それらが複合的に関与して歯周病の発症と進行をもたらすといわれています。

歯周病(歯槽膿漏)の進行と症状

私たちが歯を失う一番の原因は歯周病です。しかも知らない間に進行し、気付いたときは手遅れで、歯を抜かなければならなくなることが多いです。歯の表面には、食事のたびにネバネバした薄い膜状のものが作られますが、これが歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊です。歯垢は石灰化すると硬い歯石になり、自分では取り除くことができません。歯垢1ミリグラムには、細菌が1億個もいるといわれ、これが歯肉に炎症を起こし、最後は歯を支える歯槽骨まで溶かしてしまいます。支えを失った歯は、グラグラになり、最期には抜け落ちてしまいます。 

moderateperio.jpg slightperio.jpg severperio.jpg
 歯肉炎  中等度な歯周病  進行した歯周病

 

 初期 歯の表面に少し歯垢や歯石がついています。
自覚症状はありません。
 歯肉炎 歯茎が赤く腫れぷよぷよします。
歯磨きをすると出血します。
 中等度な歯周病 歯の周囲の歯茎は赤く腫れます。
口臭・出血・不快感が自覚されます。
少し歯がグラグラしてきます。
 進行した歯周病 歯茎は化膿し、腫れも強くなってきます。
歯を支えている骨が溶けてしまい、歯の動揺は大きくなります。

歯周病(歯槽膿漏)と全身疾患とのかかわり

最近、歯周病が全身へ悪影響を及ぼすことが新聞、雑誌、テレビ等で話題になることが多いです。歯周病は感染症ですから、治療せずに放置しておくと全身にとってさまざまな悪影響を及ぼすことがわかってきました。特に糖尿病高血圧動脈硬化心筋梗塞誤嚥性肺炎早産低体重時出産などに関連があると報告されています。つまり歯周病は、お口の中だけの病気ではなく、あなたの全身の健康を脅かす恐ろしい病気なのです。しかし、歯周病は「静かなる病気(Silent disease)」と呼ばれるほど、自覚症状がほとんどないまま進行します。気づいたときには、かなり進行しているケースも少なくありません。 歯周病の治療、予防にはホームケアによるプラークコントロールと定期的な歯科医院への受診が重要となります。

このページの上部へ

旭川一条通デンタルクリニック
〒070-0031
旭川市1条通9丁目右1号 第一生命ビル2F
TEL・FAX/0166-23-2696
指定パーキング有
診療時間
平日/9:00~20:00
土曜/9:00~17:00
昼休み/14:00~15:00
休診日/祝日、日曜日