診療科目 診療科目

  1. ホーム
  2. 診療科目
  3. 抜歯治療

抜歯治療

親知らず

親知らずとは、奥歯の一番後ろ、真ん中から数えて8番目に生えてくる歯で、「第三大臼歯」または「智歯」といいます。通常、20歳頃までに萌出しています。親知らずは上下顎、左右の計4本あります。

大抵はお口の中に一部分が露出した状態(下図参照)あるいは顎骨の中に埋まったままであることが多いです。このような場合、その隙間に汚れが溜まりやすく、しばしば歯ぐきが腫れたり、大事な手前の歯(第2大臼歯)を虫歯にしてしまう要因となります。

水平埋伏智歯水平埋伏智歯
  oya_ue.jpg  oya_mae.jpg

親知らずの抜歯

上下親知らずが正常に機能していれば、抜く必要はありません。

しかし、下記のような理由で早く抜歯することをおすすめします。

歯ブラシが届きにくいため虫歯になりやすい

お口の中の最も奥にあるため、歯ブラシが届きにくく、磨き残しが多くなり、虫歯になることが多いです。

また、親知らずが原因で大事な手前の歯(第2大臼歯)が虫歯になったり、歯槽膿漏になったり、歯の根が吸収されてしまうことがあります。

親知らずが原因で歯ぐきが腫れる

一部分が露出した状態や顎の中に埋まった状態だと、手前の歯との隙間に汚れが溜まりやすく、歯ぐきが腫れて痛んだり、化膿してしまいます。

この場合、原因である親知らずを抜かない限りは炎症が繰り返されます。

歯並び、噛み合わせを悪くすることがある

斜め、あるいは横向きに生えてくることが多いため、歯並びや噛み合わせが変わってしまうこともあります。特に、下顎の親知らずが横向きに生えてくると、前の歯を圧迫するためその力が前歯に集中し、前歯が重なってしますことがあります。

また、下顎の親知らずが不正な位置に生えてきて、口を閉じた時、親知らずが上の歯と先に当たったりすることで、顎関節に異常が出ることや頬を誤って噛むことを繰り返すことがあります。

矯正治療中である。以前矯正治療を行っていた

矯正治療を行っている場合は、原則的には親知らずは抜歯することが多いです。親知らずが後ろから圧迫してくるため、矯正した歯並びが悪くなってしまうことがあります。

のう胞や腫瘍の原因になっている

親知らずがのう胞や一部の良性腫瘍の原因になっていることがあり、その場合、病変の摘出と同時に抜歯する必要があります。

親知らずは受験、就職試験、妊娠、出産、旅行など肝心な時に痛くなったり、腫れたりします。体力が減少して免疫力が低下したり、忙しくて歯磨きをしばらく怠ったりしても症状が出てきます。

現在、ご自身の親知らずがどのような状態であるか気になる方は、
当院までご相談ください。

 

このページの上部へ

旭川一条通デンタルクリニック
〒070-0031
旭川市1条通9丁目右1号 第一生命ビル2F
TEL・FAX/0166-23-2696
指定パーキング有
診療時間
平日/9:00~20:00
土曜/9:00~17:00
昼休み/14:00~15:00
休診日/祝日、日曜日